泡のなる木?

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 美作情報へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ

美しい里山公園内にはいくつか池があるんですが、今日その中のひとつでこんなものを見つけました。

 

f:id:mimasaka-satoyama:20200519170405j:plain

 

池のそばの木に、拳ほどの泡の塊がぶら下がっています。

 

「泡のなる木」でしょうか?

 

f:id:mimasaka-satoyama:20200519170450j:plain

 

いいえ、実はこれ、カエルの卵なんです。

 

f:id:mimasaka-satoyama:20200527163800j:plain

 

これが親ガエル(オス)です。

 

モリアオガエル」というアマガエルを大きくしたようなカエルで、こんな風に水面上に突き出した木の枝に粘液の泡の塊を作り、その中に卵を産み付けます。

 

f:id:mimasaka-satoyama:20200519170524j:plain

 

この塊を「卵塊」といいます。

 

卵が成長してオタマジャクシになると、卵塊は溶けてオタマジャクシが水面に落ち、そこでカエルになるまで成長するというカラクリです。

 

実はこのモリアオガエル岡山県レッドデータブックで「絶滅危惧II類」に指定されていて、「絶滅の危険が増大している種」とされています。

 

里山の自然の一員として、大切にしていきたいですね。